歴史・沿革

★男子部の創設(1954年3月3日)
1953年秋、天理大学外国語学部2回生の田中譲が千野鐵人、森田敏夫、川畑善次に呼びかけ、中田清茂らも加わって天理大学ホッケー部結成の気運が高まりました。一方、建国中学・高等学校(大阪市)の専任教諭であり、強豪の同校ホッケー部の監督であった安田吉実は、外国語学部朝鮮学科の非常勤講師を務めていました。安田先生の指導のもと、学生たちの気運が結実して、1954年3月3日、天理大学ホッケー部(男子部)が創部されました。

創部直後、初の公式戦・関西学生春季出場のイレブン  1954年5月
関西学生春季リーグで甲南大に逆転勝ち 男子1部4位に  1956年4月
強豪関大・関学を破り関西学生春季で念願の初優勝  1960年5月

 

★女子部の創設(1977年3月3日)
1976年、国際オリンピック委員会(IOC)総会において、1980年モスクワ五輪から「女子ホッケー競技」が正式種目に採用されることが決まりました。恩田昌史監督は、女子部創設を決断して部員集めに着手し、体育学部より「1名の特別クラブ枠」を与えられました。1977年、体育学部一般入試試験・特別枠で、インターハイで3連覇を達成した岐阜女商高のエース・下島多美子が入部し、たった一人から女子部は活動を開始しました。

創部3年で女子部7名に 関西学生春季リーグで初優勝  1979年6月
初出場の全日本選手権で見事「初の日本一」に輝く 1980年12月
創部4年目で『初の全国2冠』を達成したイレブン

 

年月日 天理大学ホッケー部沿革
1954 (S29) 3/3 ホッケー部(男子)が発足。初代部長・谷田憲二郎、初代監督・安田吉実が就任。
4/18 関西学生春季リーグ公式試合第2戦・強豪関大に0対43の大敗を喫す。
1960 (S35) 4/24 創部7年目、昭和35年度関西学生春季リーグで強豪関大、関学を下して初優勝。
1963 (S38) 10/27 関西学生秋季リーグの対関大戦で不祥事を起こし、関西学生連盟除名処分となる。
実質1年半の長期処分を科される。(65年3月解除)
1964 (S39) 2/15 2代監督・千野鐵人が就任、監督代行・恩田昌史が就任し再起を図る。
1966 (S41) 4/1 2代部長・石原六三、3代監督・恩田昌史が就任。
8/11 練習中、1年生の丸山幸蔵君にヤリ投げ選手のヤリが刺さり、18日に亡くなる。
11/6 男子部、第2回東西大学王座決定戦、強豪早大・明大に辛勝、初の全国タイトルを獲得(大阪)。
1967 (S42) 11/23 男子部、第16回全日本学生選手権大会 初優勝(東京)。
12/5 男子部、第41回全日本選手権大会 初優勝(広島)。
1968 (S43) 1/9 男子部、全日本インドア選手権大会 初優勝(東京)。
1970 (S45) 9/20 男子部、第10回NHK杯全国選抜大会 初優勝(横浜)。
1971 (S46) 3/3~17 男子部「東南アジア遠征」団長・石原六三、監督・恩田昌史、主将・長屋恭一。
11/28 第45回全日本選手権大会を天理大学ホッケー場で開催。 天理大・天理クラブと史上初の同門決勝、延長の激戦の末、3年連続4度目の優勝。
1973 (S48) 11/25 男子部、第13回NHK杯全国選抜大会、第22回全日本学生選手権大会、第47回全日本選手権大会、優勝。
1974 (S49) 11/3 天理大学ホッケー部 創部20周年記念祝賀会を開催。
1975 (S50) 3/4~25 男子部「第2次東南アジア遠征」
1977 (S52) 3/3 恩田昌史の主導で、女子部を創設。下島多美子が入学、たった一人の部員で活動開始。
11/27 天理大、同門の天理クラブと史上2度目の全日本選手権大会決勝対決。2年ぶり9度目の日本一。
1978 (S53) 7/29~8/26 男子部「ニュージーランド・オーストラリア遠征」
1979 (S54) 4/1 2代部長・石原六三が退任。3代部長・恩田昌史が就任。
10/17 男子部、第28回全日本学生選手権大会『10年連続12度目の優勝』
1980 (S55) 2/2 男子部、全日本学生10連覇・全日本選手権3連覇達成の“感謝の会”兼 創部25周年記念祝賀会を開催。
3/26~31 女子部「韓国遠征」(創部後初の海外遠征)
12/14 女子部、第2回全日本学生選手権大会、第44回全日本選手権大会『初の全国2冠』
1981 (S56) 7/15~8/4 女子部「アメリカ・カナダ遠征」
8/31~9/1 全インド・全韓国・全マレーシア・天理大(日本)のアジア女子4カ国国際ホッケー大会開催。(天理大学ホッケー場)
1983 (S58) 11/27~12/6 女子部、「全日本代表」としてプレオリンピック出場。「アメリカ遠征」
1984 (S59) 10/12~16 第39回国民体育大会・奈良県わかくさ国体。奈良選抜・成年女子初優勝(監督・恩田昌史)。成年男子、少年男子優勝。
11/11 女子部・第3回全日本大学王座決定戦、第5回全日本学生選手権大会『5年連続5度目の全国2冠』
11/5 男子部、同門の天理クラブと史上3度目の決勝対決、4対1で下し、2年連続13度目のV。
1985 (S60) 4/1 真柱中山善衞様による「教祖百年祭」記念につくられた親里ホッケー場(天然芝2面)が与えられる。
3/2~23 男子部「インド・パキスタン遠征」
1987 (S62) 4/13 親里ホッケー場の人工芝フィールド竣工(アストロターフ)。
11/13~15 「二代真柱20年祭記念 国際ホッケー大会(男子)」を親里ホッケー場にて開催。 マレーシア・シンガポール・韓国・天理大の4チーム参加。
1988 (S63) 11/20 女子部、第7回全日本大学王座決定戦、第10回全日本学生選手権大会、第49回全日本選手権大会、優勝。
1989 (H1) 5/3~5 天理大学ホッケー部・同OBG会主催による「天理杯・全国高等学校ホッケー大会」を開催。 なお、本大会は96年第7回を以て中止される。(親里ホッケー場・天理大学ホッケー場他)
12/12~17 女子部・全天理大が日本代表として、第2回アジアカップ大会において強豪韓国を下し、準優勝。
1990 (H2) 8/3~12 女子部「ヨーロッパ遠征」(アイルランド・スコットランド・ベルギー・オランダなど)
11/5~10 第1回アジア女子ナショナルチャンピオンズ選手権大会(親里ホッケー場)。天理大学初代アジアチャンピオンに輝く。サルタン・アズランシャー マレーシア国王(アジアホッケー連盟会長)ご来臨。
11/25 女子部、第9回全日本大学王座決定戦、第12回全日本学生選手権大会、第51回全日本選手権大会、優勝。『5年連続5度目の全国3冠』『3年連続の年間9冠』
1991 (H3) 1/19 恩田昌史、女子日本代表監督に2度目の就任。(1994年10月まで)
7/1 女子部、第10回全日本大学王座決定戦『10年連続10度目の優勝』
9/23 男子部、関西学生秋季リーグ『50季連続・通算58度目優勝』
11/6 女子部、第13回全日本学生選手権大会『12年連続12度目の優勝』
12/8 女子部、第52回全日本選手権大会『6年連続8度目の優勝』
1992 (H4) 8/26~27 日本対フランス 国際親善試合を開催。高円宮憲仁親王殿下ご光臨・始球打。(親里ホッケー場)
11/8 女子部、第14回全日本学生選手権大会『13年連続13度目の優勝』
1993 (H5) 3/3 男子部「第3次オーストラリア遠征」
6/5~12 オーストラリア・スペイン・韓国・日本参加の高円宮杯国際大会女子4カ国対抗・天理シリーズを開催。 高円宮憲仁親王殿下ご光臨。(親里ホッケー場)
6/15 恩田昌史、男子部監督を退任。4代監督・太田耕軌が就任。(1999年3月退任)
6/26 女子部、第12回全日本大学王座決定戦『12年連続12度目の優勝』
1994 (H6) 3/5 女子部「オーストラリア遠征」
4/23 創部40周年記念祝賀会を開催。(天理市・コトブキ)
11/13 男子部、第13回全日本大学王座決定戦、第43回全日本学生選手権大会『通算10度目・全国2冠』
7/2~8/2 女子部、第2回アジアクラブ選手権大会に日本代表として出場、準優勝。(韓国)
1997 (H9) 3/5 男子部「第5次オーストラリア遠征」
5/10 恩田昌史主唱の『高円宮牌』を賜っての、第1回女子ホッケー日本リーグ開幕。(親里ホッケー場)
7/6 高円宮牌女子ホッケー日本リーグ最終日、高円宮憲仁親王殿下ご光臨。(親里ホッケー場)
11/14~16 「二代真柱30年祭記念 国際ホッケー大会(男子・女子)」を親里ホッケー場にて開催。 男子は韓国・マレーシア、女子はオーストラリア・韓国が参加。
12/14 女子部・全日本選手権大会2年連続12度目の優勝。史上初の全国タイトル4冠。史上初の全9タイトル獲得。
1998 (H10) 3/4 女子部「第3次オーストラリア遠征」
1999 (H11) 1/1 府金尚輝・男子部5代監督に就任。(1999年12月退任)
4/10 親里ホッケー場人工芝・リニューアル竣工。
2000 (H12) 1/1 松尾英雄・男子部6代監督に就任。(2003年12月退任)
2001 (H13) 8/23 男子部「第7次オーストラリア遠征」
2002 (H14) 3/13 柔道・ラグビー・野球と共に、ホッケーが天理大学の「天理スポーツ重点強化競技種目」に制定。
6/8 高円宮牌女子ホッケー日本リーグ最終日、高円宮憲仁親王殿下ご光臨。(親里ホッケー場)
6/23 高円宮牌男子ホッケー日本リーグ最終日、高円宮憲仁親王殿下ご光臨。(親里ホッケー場)
7/31 親里ホッケー場人工芝(アストロターフ 9全面再改装)。第2グラウンドの天然芝も人工芝に改装。
8/23 男子部「第8次オーストラリア遠征」
9/2 女子部「第5次オーストラリア遠征」
2003 (H15) 8/26~30 天理大学ホッケー部創立50周年記念「真柱杯・天理国際ホッケー大会(男女)」を開催。(親里ホッケー場)
9/4~15 女子部、天理大学ホッケー部創立50周年記念「第6次オーストラリア遠征」
11/6 女子部、第25回全日本学生選手権大会『4年ぶり20度目の優勝』
12/11~14 女子部、全日本選手権『5年ぶり14度目の優勝』 『6年ぶり2度目の全国タイトル4冠』『6年ぶり6度目の年間全8タイトル獲得』
2004 (H16) 1/1 川上豊次・男子部7代監督に就任。(2008年2月退任→コーチに就任)
1/17~26 第4回天理スポーツ・ギャラリー展「『天理ホッケー』~躍進の精神と要諦~」を開催。
1/25 公開シンポジウム「『天理ホッケー』~躍進の精神と要諦~」を開催。
3/23 高円宮妃久子殿下ご光臨の中、天理大学ホッケー部「創立50周年記念祝賀会」を開催。
11/7 男子部、第23回全日本大学王座決定戦、第53回全日本学生選手権大会『通算14度目・全国2冠』
2005 (H17) 4/1 飛田尚彦・女子部2代監督に就任。(2005年11月退任)
9/17~19 天理大学創立80周年記念国際親善試合を開催。(親里ホッケー場) 女子・慶熙大学校、男子・韓国体育大学校を招聘、日韓交流試合を実施。
12/1 柳 承辰・女子部3代監督に就任。(2007年12月に退任)
2006 (H18) 3/12 女子部「第7次オーストラリア遠征」
3/31 恩田昌史・女子日本代表チーム監督業に専念のため、天理大学教授を退職、併せて、ホッケー部3代部長を退任。
4/1 澤井義則・4代部長に就任。
6/25 女子部、高円宮牌日本リーグ・第25回全日本大学王座決定戦『2年連続15度目・全国2冠』
7/9 女子部、高円宮牌日本リーグ『2年連続6度目の優勝』
10/15 女子部、関西学生秋季リーグ『20季連続50度目の優勝』
2007 (H19) 2/20 男子部、部員1名の不詳事件により45日間の対外活動停止処分(4月5日解除)を受ける。 澤井義則部長・1年間活動自粛、奥田好廣・部長代行に。
11/14 天理大学ホッケー部OBG会が、二代真柱40年祭記念フォーラムを開催。(天理市・天理教道友社) 講演「二代真柱様と天理スポーツ」(井上昭夫おやさと研究所長)
11/22~25 男子部、全日本選手権4年ぶり20度目の優勝。『14年ぶり10度目の全国3冠』
2008 (H20) 1/1 高原得次・女子部4代監督に就任。(2009年1月退任、助監督に)
2/1 辻井俊二・男子部8代監督に就任。(2009年3月退任)
11/3 男子部、第57回全日本学生選手権大会『3年連続29度目の優勝』
11/30 男子部、高円宮牌ホッケー日本リーグ初優勝。『2年連続全国3冠(通算11度目の全国3冠)』
2009 (H21) 1/1 恩田昌史・女子部監督(5代)に復帰。
3/6 男子部、部員2名による不詳事により、4ヶ月間の対外活動停止処分。 澤井義則部長と、辻井俊二男子部監督が引責辞任。味波政一・部長代行に、奥田好廣・男子部監督代行に就任。
7/7 男子部、対外活動停止処分が、7月7日に解除。
2010 (H22) 3/13 女子部「第9次オーストラリア遠征」
4/1 澤井義則、部長に復帰。
9/26 北浦徳次・OBG会第11代会長に就任。
2011 (H23) 3/31 恩田昌史・天理大学ホッケーの指導役職を退任。
4/1 高原得次・男子部9代監督に就任。(2015年3月退任) 鹿野育郎・女子部6代監督に就任。(2012年3月退任)
2012 (H24) 4/29 親里ホッケー場・第2グラウンドにサンドベース人工芝を敷設。
6/19 男子部、全日本大学王座決定戦、2年連続22度目の優勝。
2013 (H25) 4/1 長谷部謙二、女子部7代監督に就任。
9/1 西日本学生選手権、9年ぶり12度目のアベック優勝。男子部26度目V、女子部22度目V。
2014 (H26) 3/8 天理大学ホッケー部・創立60周年記念祝賀会を開催。(大阪・道頓堀ホテル)
3/31 4代部長・澤井義則が副学長就任に伴って退任。
4/1 5代部長に井上昭洋が就任。
2015 (H27) 4/1 穴井善博・男子部10代監督に就任。
2016 (H28) 12/24 男子部、高円宮牌日本リーグ・全日本大学王座決定戦、全日本選手権大会の3大大会優勝。
2017 (H29) 7/2 女子部、全日本王座決定戦、11年ぶり22度目の優勝。
8/4〜11 女子部「ドイツ遠征」
※2017年度までの記録。
PAGE TOP