HOME > 大会速報 > 高円宮牌2020ホッケー日本リーグ レギュラーステージ 南都銀行戦

高円宮牌2020ホッケー日本リーグ レギュラーステージ 南都銀行戦

2020.10.20

1017日(土)、滋賀県OSPホッケースタジアムにて、高円宮牌2020ホッケー日本リーグレギュラーステージ南都銀行戦が行われました。

 

11:00 vs 南都銀行 SHOOTING STARS

1Q:0-1

2Q:0-0

3Q:1-2

4Q:0-0

トータル1-3でした。

天理大のセンターパスにより試合が開始された。1Q5分、サークル内南都銀行FW#16がレフト側エンドライン付近よりリバースヒットパス、FW#11にタッチシュートでゴール右下に決められ0-1となる。その後は、一進一退の攻防が続くも両チームともにチャンスを作り切れず、南都銀行リードで終える。

2Q17分、南都銀行がPC2本立て続けに獲得するもてんりの堅い守備により得点にならない。29分南都銀行PC獲得、MF#9野村フリックシュートもGK#1工藤セーブし追加点を許さない。前半戦を1-0の南都銀行のリードで折り返す。

3Q立ち上がりから、南都銀行が攻め込み32PC獲得。#9のフリックシュートをGK#工藤がセーブするも、再度PC獲得、バリエーションよりFB#19のスイープシュートがDFの体に当たり再々PC、3度目のPC#9がヒットシュートをゴール左隅に豪快に決め2-0と南都銀行がリードを広げる。追い上げたい天理は33PC獲得、MF#中口のフリックシュートをGK止めるも、リバウンドをMF#20柴田がFW#26長谷川へ繋ぎゴールへ押し込み1-2、1点差となる。天理が勢いを取り戻し、南都銀行のパス展開をカットし、カウンター攻撃よりFW#10小林の鋭いドリブルでPC獲得。しかし、追加点とならず、40分天理FW#9田中グリーンカードにより2分間の退場となり、数的有利をいかして南都銀行が41PC獲得、#9のフリックシュートをGK#1工藤のファインセーブ。42分南都銀行、左サイドからの打ち込みをタッチシュートを決めきひ、3-1とリードを広げた。

4Q53分、天理FW#8島田がスピードに乗ったドリブルよりサークル内に侵入しGK11となるもGK#1のファインセーブで惜しくも得点することができない。南都銀行の巧みなパスワークと天理のスピードに乗ったカウンター攻撃を見せるものの両チームともに得点することができず、1-3のまま試合を終える。


大会速報