HOME > 大会速報 > 第80回 全日本女子ホッケー選手権大会 準決勝戦

第80回 全日本女子ホッケー選手権大会 準決勝戦

2019.12.07

こんにちは。

本日、赤磐市熊山ホッケー場にて、第80回全日本女子ホッケー選手権大会準決勝戦が行われました。

 

 

12:50~vs山梨学院大学

1Q:0-0

2Q:0-0

3Q:0-0

4Q:0-0

合計0-0、SO戦3-4でした。

 

 

山梨学院大学のセンターパスにより試合が開始される。スピードのあるドリブルと巧みなパスワークで一進一退の攻防が繰り広げらる。そんな中、天理大学がPCのチャンスを迎えるが得点を決めることが出来ない。1Q15分、山梨学院がカウンターから天理陣内に攻め込みPCを獲得する。山梨学院が放ったシュートを#20藤原のファインセーブでピンチを切り抜け、無得点のまま1Qを終える。2Qには入るとレフトサイドを切り込んでくる山梨学院に対して、堅い守りの天理がカウンターから相手陣内に攻め込む激しい試合展開が続く。このまま両チーム共に無得点のまま前半を折り返す。天理大学のセンターパス試合が再開する。3Qも前半に引き続き、互いに一歩も譲らない攻防が続くが、互いに得点チャンスを作り出す事ができない。4Qに入ると両者共にさらに勢いを増して、互いのゴールを狙う展開の中、50分に山梨学院がPCを獲得する。山梨学院のフリックシュートはゴール左ポストに当たり、そこから天理はカウンターを仕掛けるもサークルまで持ち込む事が出来ない。その後も山梨学院の怒涛の攻撃が天理に襲い掛かるが、天理はゴールを手堅く守り死守する。結局両チームともに得点が無いまま、SO戦に突入する。

SO戦は#11沖原、山梨学院の第1シューターが決めて1-1。続く第2シューターでは、山梨学院決め、1-2。第3シューターは#8島田、山梨学院共に決めて、2-3。第4シューターでは、#2田中が決めて3-3とする。その後、GK#1工藤の連続セーブでサドンデスとなる。サドンデス1本目を山梨学院が外すと、天理も決めきることが出来ない。山梨学院は第7シューターが決め再びリードをする。 続く天理のシューターを山梨学院GKがセーブし、SO3-4で試合終了となる。

全日本選手権大会は第3位で終えました。

これで今シーズンの大会は終了となります。

沢山のご声援のほど、本当にありがとうございました。

引き続き、よろしくお願い致します。


大会速報