HOME > 大会速報 > 高円宮牌2019女子ホッケー日本リーグ第4節 2戦目

高円宮牌2019女子ホッケー日本リーグ第4節 2戦目

2019.06.09

こんにちは。
本日、駿河台大学ホッケー場にて、高円宮牌2019ホッケー日本リーグ第4節が行われました。

 

6月9日(日)
13:40〜 vs駿河台大学

試合結果
1Q:0-0
2Q:0-0
3Q:0-0
4Q:0-0
トータル0-0、SO戦3-2で勝利致しました。

 

 駿河台大学のセンターパスにより試合が開始された。天理大学ベアーズのペースで試合が進む。9分、佐野がヒットシュートを打つが、得点にはならない。お互いにシュートを放つが、得点をあげることができない。

 2Q、天理はスクープなどのロングパスで試合を進めていく。22分、天理はPCを獲得。島田が強烈なヒットシュートを打つが、駿河台のナイスセーブにより、得点が生まれない。その後も、天理は厚みのある攻撃で駿河台ゴールを脅かす。25分、天理はPCを獲得。沖原がシュートを打つも、得点にはならない。27分、駿河台はドリブルで切り込みPCを獲得するが、得点は生まれない。一進一退の攻防が続き、0-0のまま、前半を折り返す。

 天理大学のセンターパスにより第3Qが開始される。34分、天理はPCを獲得。藤原のシュートに対し、安達が合わせるもゴールの枠を捉えることはできない。36分、天理は、またもPCを獲得。島谷がシュートを打つも、得点にはならない。

 同点のまま迎えた第4Q、駿河台は打ち込みなどの攻撃を仕掛ける。4Q54分、駿河台がPCを獲得。強烈なシュートを打つも、天理DF陣に阻まれ、得点を挙げることができない。その後も一進一退の攻防が続く。59分、小林がシュートを放つが、駿河台の堅い守備により、得点が生まれず両リーム無得点のまま試合が終了する。

SO

SO戦は、島田、安達、藤原が決め、2番手、5番手が外すも、GK工藤が3人を止める好セーブを見せ、3-2で試合終了となった。

 

本日も応援のほど、ありがとうございました。


大会速報