HOME > 大会速報 > 高円宮牌2019女子ホッケー日本リーグ 第3節 1戦目

高円宮牌2019女子ホッケー日本リーグ 第3節 1戦目

2019.05.26

本日、5月25日(土)山梨学院大学ホッケースタジアムに於いて、高円宮牌2019女子ホッケー日本リーグ 第3節が行われ、天理大学ベアーズは、東海学院大学と対戦しました。

天理大学ベアーズ 1 vs 4 東海学院大学

Q1:1-2 Q2:0-0 Q3:0-1 Q4:0-1

東海学院大学のセンターパスによって前半戦が開始される。

立ち上がり5分、東海学院大学がPCを取得するが、GK工藤を中心とする守備陣が粘り強く対応し最初のピンチを防ぐ。8分、天理大学はサークルトップのFHより島田がライト側を崩し回り込みからゴール中央で待つ菅原にパスがはいる。このボールを菅原がダイレクトで押し込み天理大学が先制する。13分、天理大学は、レフト側からサークルインを許し中央へ折り返されたボールを押し込まれ同点にされる。更に、第1Q終了間際にタッチシュートを決められ逆転を許す。第2Qに入ってからも、お互いに試合の主導権を握ろうと激しくプレッシャーをかけ続ける。天理大学はサイドチェンジを使いながら東海学院大学陣地に攻め込もうとするが、粘り強い守備を崩すことができず一進一退の攻防が続く。前半終了間際に、天理大学はクリアーミスからPCを奪われるが得点を許さず前半戦を終了する。

天理大学のセンターパスにより後半戦が開始される。

相手コートからプレッシャーをかける天理大学に対し、ロングボールを多用しチャンスを作り出そうとする東海学院大学。32分、天理大学は相手コートからのプレスより川原がボールを奪い攻撃を仕掛ける。後方からオーバーラップしてきた原田へとパスが入りシュートするが相手GKに防がれる。36分、一瞬の隙をつかれサークル内に打ち込まれたボールがFWにつながる。このボールに対してアプローチにいったプレーが反則となりPSとなる。これをゴール左上段に決められ失点する。42分、自陣からのB-upをカットされピンチを招くがGK工藤が冷静に対処する。43分、細かいパスでライト側を崩しPCを取得するがGKに阻まれ得点を奪うことができない。46分、センターパスからつないだボールをサークル内へ走り込む佐野にパスが入る。佐野が落ち着いて中央で待つ原田にパスが入る。無人のゴールであったが、押し込むことができない。48分、相手コート30m付近で歌谷がボールを奪いサークルインしていくがGKに処理される。更に、こぼれたボールを小林が拾い二人をかわしシュートしたボールが再び、歌谷の正面にこぼれ絶好のチャンスであったが、無人のゴールに打ち込むことができない。しかし、さらにチャンスが続き、右側から回り込み折り返したボールに小林が反応しシュートするもポストにあたり追加点が奪えない。49分、PCを取得されフライングで一人少ない人数での守備となり、このPCをきっちりゴール右隅に決められ試合を決定づけられた。

 


大会速報